塵は塵に。灰は灰に。
これは旧約聖書から取られた一節だが、西洋世界の宗教だけではなく、この世に物としての形状や質量を持った存在であれば、すべてが辿る果てのことを言っている。
塵から生まれた――つまり、いろいろな物から作り上げられたものは、最終的にバラバラの状態になって消えていく。これが、世の常というものである。
そして、ここで取り上げる機密文書の処理サービスというのは、まさしく「機密文書」という物を、塵を塵として灰を灰として処理するサービスなのである。

機密文書というのは、特に入念に細かい「塵」や「灰」として処理しなければならない種類の物である。復元される余地もないほど細かく、塵のように、灰のようにして処分されなければならない。
なぜなら、機密文書というのはその名の通り、ひそかに扱われなければならない文書のことだからである。それも、この世に存在するどんな文書よりも、ひそかに。
どのような文書のことをこう呼ぶのか。そして、そのように呼ばれる文書がどのように処理されていくのか。
それが、ここで明かされることである。

話は、機密文書という物が存在しているところから、処理サービスを提供する業者に依頼が行くところから始まる。

オススメリンク

機密文書処理はプロに任せよう!『安心できる機密文書処理業者の選び方』

機密文書を処理してほしいならこちらの業者にお任せください;五光商事